牡蠣エキスの効果を低下させる

牡蠣エキスでパワーアップ!家族みんなが元気のワケ

牡蠣エキスの効果を低下させる

牡蠣エキスの効果を低下させてしまう成分、いわゆる亜鉛の吸収を阻害する成分というものが存在します。
これは、吸収率を上げてくれる成分に比べるとその種類も多く、それぞれは摂取した方がいい成分も含まれているので、いつ、どのように牡蠣エキスを摂取するかについて考えた方がいいでしょう。

 

【牡蠣エキスの吸収を低下させる成分】
●フィチン酸〜大豆に含まれている成分で、成分そのものは身体に必要な成分ですから、同時摂取しないようにしましょう。(豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品)
●ポリリン酸〜インスタント食品や加工品に使われている成分です。身体にはあまりよい成分ではありません。
●カルシウム〜乳製品や小魚などに含まれている成分です。身長を伸ばす効果を狙っての牡蠣エキス摂取の場合、牛乳との同時摂取はしないようにしましょう。
●食物繊維〜食物繊維は、亜鉛を見つけると強力なキレート作用で体外に排出しようとします。さつまいも、かんてん、キノコ類など食物繊維を含む食品との同時摂取はしないようにしましょう。
●アルコール〜アルコールの飲み過ぎでも亜鉛が大量消費されてしまいますから、飲み過ぎは程ほどに。同時摂取もしないようにしましょう。
●タンニン〜お茶やワインの渋みの成分です。亜鉛とは相性が悪いようなので、サプリメントをお茶で飲むというようなことが無いようにしましょう。
●葉酸〜亜鉛の吸収を妨げると言われていますが、程ほどの摂取であれば問題はないようです。同時摂取はしない方がいいという感じでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ